病院で働く人たちの子どもをあずかる病院内保育

Enjoy Your Work?

コンテンツ

病院内保育のメリット

病院内保育を設置することは様々なメリットがあることで知られています。施設内に保育所を設けることができるため、子どもを迎える時間が早くなり、従業員が子どもと接する時間を長くすることが可能です。

Read More

保育専門会社

病院内保育を、病院にかわり、委託されて請け負う保育専門の会社があります。医療とは別分野である「保育」をどのように行えばいいか悩んでいるという病院にとって、専門会社はよく役立つのです。

Read More

保育施設が出来るまで

病院内保育のために保育施設を運営させるには専門会社に依頼することが肝心です。専門会社に委託するときの流れとサポートを踏まえて、病院内保育のための運営施設を作れる環境を整えていきましょう。

Read More

病院内での保育

病院で働く従業員のために

多くの企業が注目しているものには、事業所内保育と呼ばれているものがあります。
事業所で働く従業員のために福利厚生として取り入れられることが増えており、導入を考える企業が増えています。
大手メーカーなどが導入しているイメージがありますが、最近では学内保育だけでなく、病院内保育もあり、多くの病院から話題を集めています。

保育所の種類

病院内保育には2種類あり、認可保育所と認証保育所が挙げられます。
認可保育所は児童福祉法に基づいて作られた保育所のことです。
保育所の大きさや、常勤保育士の数、衛生管理状況等の設置基準を合格したもので、国から認められた施設になっています。
そのため、公費で運営することできるため、運営資金を用意する必要がありません。
もう一つの認証保育所は東京のみに適用されている制度で、独自の設置基準をクリアした保育所は公費が支給されます。
最近では、他の都道府県でもこの認証保育所を運営できる体制を作っている動きがあります。
一般的に保育所を運営する場合、多くのお金が必要になりますが、国の規則に沿って運営することで費用を抑えつつ運営できます。
病院内保育を検討している場合には、認可保育所と認証保育所の設置基準を抑えておくことが大切です。

ピックアップ

二重保育について

病院内保育のサービスを受けることができますが、ある年齢になると幼稚園に通う必要があります。このことから、学校に通園・通学しながら利用できる保育所を運営できるようになっています。

Read More

委託を利用

自営で病院内保育を運営している病院は多くありますが、運営が難しいため、委託する施設が増えています。運営コストを削減できるだけでなく、子どもたちにとっても良い環境を作ることができます。

Read More